2011年10月01日

自転車

たまに自転車で運動不足解消のため、
自宅近辺をゆったりと走るのが、
最近の裏おやぢの趣味^^

最近、「ブレーキなしの自転車で捕まった芸人」の
報道がされていましたね^^;

あれ、ピストとよばれる競輪用の自転車。
高いものになると、車一台買えるくらいの金額になる。

じゃー競輪用の自転車はブレーキなしでどうやってとまってるの?
と不思議に思う人もいるだろう。

ズバリ、足の力で止めます^^

地面に足をおろして、無理矢理足を地面にこすりつけて止めるのではありません。
ピストという競輪用の自転車はママチャリで言う、「からまわり」ができないんです。

普通の自転車は、漕いでる途中足を止めても、後輪で「カラカラ」という音を立てながら
「空回り」しますが、ピストは後輪のギアと、自分の足元で回すギアと直結なので、
ペダルに足を乗せている限り、足を止めることはできません。

つまり、前に走るだけではなく、逆に後ろ向きに足を回すと、ピストは後ろに進むのです^^

止めるには、最初逆方向に足に力を入れて、ペダルを踏む力を抜いていき、徐々にスピードを落とし、止めます。
なので、ブレーキが付いていないと、確実に急に止まれないので、非常に危ないです。

一応、取り外し可能なピスト用のブレーキも売ってます。
これがあれば公道も走れます^^

ブレーキなしのピストで公道走れば、普通に道路交通法違反ですよ。

でもまあ、一般人はあまりピストには乗らないよね^^;

ブレーキなしのピスト・・・
まあ、聞くだけでぞっとする^^;

あーそれから基本的なこと。
自転車って基本的に歩道ではなく車道を走らなければなりません。
歩道に乗り上げる場合、降りなければなりません。
守ってる奴は・・・いないけどね^^;

でも、歩道を歩いていて、後ろから来た自転車に「チリンチリン」と鳴らされて、
よけた事がある人いるだろうが、
あれ、よけなくてもいいからね^^;
悪いのは歩道を走ってる自転車だから^^;
よけるのは向こうのほうだから^^;

もしぶつかってケガしても、100パー悪いのは自転車だから^^

それと、自転車は車と同じ「左側通行」ですよ。
よく、夕方無灯火で車と逆の向きで右側通行で路肩を走ってくる学生さんがいるけど・・・

死ぬよ?^^;

車と同じ方向で走るのならいいのだが、急に逆走で走ってくる自転車が現れると、
運転手はたまったもんじゃない。

よけると対向車にぶつかるし、急ブレーキかけるハメになって後続にも迷惑がかかる。

それでもし車にひかれても、ルールを守ってない分、100パー運転手が悪いなんてことには
なりませんからご注意を^^;

家族に迷惑をかけたくなかったら、なるべく右側通行はやめましょう。
緑の裏おやぢでした^^






posted by 創設者J at 21:12| 青森 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歩道普通に漕ぎますよw

右側も車こなければ走りますね・∀・

悪いいい例ですねw
Posted by 波乗り at 2011年10月05日 22:34
>波乗りさん
まー、ガチで守る人はそうはいないですよ^^;
僕も普通に歩道走りますし^^
だって車道危ないんだもん^^;
Posted by 創設者J at 2011年10月06日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。